2015/06/ 3 【カテゴリー:Fresh Water】
さて、今年もこの季節がやってきた、そろそろ梅雨入り。
ちょうど産卵行動から回復してきたバスとローライトな時間という1年でもっともトップウォーターに反応がいい季節。
であれば、それなりの良型が釣れるフィールドを釣るべき、と言うことで、今年もここにやってきた。


2015060301.jpg
  相変わらず強烈なスロープを下り、湖面に出ると、天気は梅雨の走りの小雨。いい感じである。

時折、岸際ではハスなのか、小バスなのかベイトを追い回し、ボイルが起きている。

こりゃ釣れないはずがない…と思いきや、全く無反応…

手を変え品を変え、ロングポーズ中に吸い込むようなバイトでようやく1匹…この時すでに7:30…
今日は渋すぎる。

ルアー:レーベル/ジャンピングミノーT-200
  2015060302.jpg
しかし、これっきり、またしばらく無反応な時間が続いていく… それなりにダムは放水はしているようだが、様子がおかしい。
2015060303.jpg
  ワンドの奥に差し掛かったところで、M谷さんのビッグバドに待望のバイトが!
しかしファイトがなんだかおかしい…
ヒゲナガオオオタマジャクシ(ナマズ)ですな…

水通しが悪いようで、このエリアだけ濁っていた。
このエリアを抜け、水通しのいいエリアに入ると…
M谷さんにバイト!


今度はバス。間違えなくバス!
  2015060304.jpg

船べりでどんどん潜っていく。

スーパーストライクSC-1がバットから曲げられる。
これにはご満悦のM谷さんであったが…

  2015060305.jpg
午後から状況変化に期待し、午前中は早あがり、夕マズメに向け仮眠をとり、仕切り直したが…
まったく反応がない。午前中にぽつぽつみれたボイルもなくなってしまった。
2015060306.jpg
 



雨も完全にあがり、晴れ間も差しこんできた。

夕マズメのプライムタイムまで我慢が続くのだろうか?
夕方のプライムタイムがやってきた!

立ち木群の表面でメガバイト!
丸々太ったいいバスだった

が、

結局、この1匹のみ…

う~ん、また今度ね!
  2015060307.jpg