2015/08/16 【カテゴリー:Salt Water】
九州北部では超不人気な対象魚・シイラ
確かに食べてもあまりおいしい魚ではないだろう…まぁ、フライにするとおいしいし、ハワイではマヒマヒステーキって名産になってるくらい。火を通せばおしくいただける。
トップウォーターへの反応は素晴らしく、ファイトは荒々しく、良く跳ねる。釣りの対象魚としては良いターゲットだと思う。

と、いうことで、平戸から生月周辺を得意とする遊漁船、平戸CASTさんにお願いして、シイラ釣りに出かけた。

とは言っても、シイラだけでチャーターするのも、なんだかもったいないので、タイラバも…
船長さんの話では、夏場は朝だけしかタイなどタイラバへの反応がないとのこと。では、先にタイラバをやり、反応がなくなったところで、シイラ釣りに変更するプラントなった。

曇り空ではあるが、ベタ凪の海へGO!
  20150816.jpg
ポイントに移動中、潮目にはたくさんゴミが浮いている。その合間を小さなシイラが跳ねている。
船を止めてもらい、ルアーをキャストするとすぐに30㎝くらいのシイラがヒットした。
しかしここで時間を無駄にしてもしようがないので、船を進めていくことにした。
2015081602.jpg
 


初めのポイントは水深は85mほど、100gのタイラバを中心に探っていくことになった。


開始早々にミックさんに食べごろサイズのマダイがヒット!


しばらくすると、後ろで竿を出していた船長さんのロッドが満月のように曲がっている。しかもドラグが出っ放し…

これはタイではなく青物だろうと、みんなロッドを上げ、そのファイトを見守った。
  2015081603.jpg


数十分のファイトの末、上がってきたのは、なんとヒラマサ…船長さんはヒラゴですよ、と謙遜していたが、十分なサイズである。


これを見て、ジギングなら気合を入れてシャクリまくるのだろうが、今日はタイラバ… みんな黙々とリールを巻くだけであった。

なんか変だぞ…
  2015081604.jpg
2015081605.jpg
 
次はミックさんにヒット…しかし今度はレンコダイ(キダイ)。

相当深いところから引き揚げられたのか、目が出てしまってる…。

ぽつぽつアタリがあるのだが、そのアタリがどうもおかしい。フォール中にアタってみたり、タイラバがグーッと抑え込まれるようだ。
船長さんの話では、魚探への反応は薄いが、ヤリイカがいるかもしれないとのことである。
イナジはこういう事態に備え、イカメタルに浮きスッテの仕掛けを用意していた。
早速仕掛けを変え、チャレンジ!

不思議過ぎてしようがない…

イカメタル(エギ)でアラカブ? アヤメカサゴ? しかもこのサイズ。

おいしいところは、しっかり持っていく…
  2015081606.jpg
2015081607.jpg
 
ここまで苦戦していたK原くんにもヒット!

なかなかサイズのアヤメカサゴかな?



さらにミックさんはアマダイをヒット!
高級食材ですな~。

それにしてもよく釣るね。
  2015081608.jpg
2015081609.jpg
 
調子を上げてきたか、K原くんも、もう1匹追加。

これはアラカブ(カサゴ)? ウッカリカサゴ?


イカメタルのアタリもマスターし始めたか、イナジは順調にヤリイカを釣っていく。

このサイズは釣り応え、食べごたえがあるやろうね~。
  2015081610.jpg



しかし調子に乗るとこんな感じ。


  2015081611.jpg
2015081612.jpg
 

よく考えると、自分は朝一のペンペンシイラだけ。

タイラバでは魚を釣っていなかった…
が、ここにきてようやくヒット。
しかしタイの引きでもなければ、根魚の引きでもない。

あがってきたのはマトウダイ。
1980年代頃のアブの箱にプリントされてたやつね。
2015081613.jpg
 


艫で魚探を見ながらタイラバを落としていた船長さんのロッドが、またもやすごいいきおいで曲がっている。

しかしさっきのような走りは見せず、タイ特有のロッドティップが叩かれるような感じ。
で、あがってきたのはこのサイズ。


さすが、この海域のことは知り尽くされているようで、ちょっと竿を出すだけで、この釣果である。


もうイカは十分に釣ったとかで、またタイラバに戻していたイナジは巨大アオナ(アオハタ)をキャッチ!
  2015081614.jpg
タイの時合いに入ったのか、30分ほどでこの釣果…1匹レンコダイが混じってるけどね…
2015081615.jpg
この後、アタリが遠のいたので、タイラバを一区切りし、本命のシイラ釣りを開始した。
この付近にはシイラ付けのパヤオみたいな浮遊物はないとのことなので、潮目でタコベイトを引っ張りながらシイラの群れを探すことにした。
すると、ほどなくして流していたタコベイトにシイラがヒット。
2015081616.jpg
 
タコベイトにヒットしたシイラを寄せてくると。それに数匹のシイラがついてくる。
そこですかさず、みんなにキャストしてもらうと、みんなのルアーがひったくられ、船中大忙し。

パンパン跳ね、暴力的なファイトにご満悦のよう。

忙しくて、写真を撮る暇がなかった…。

こんな感じで3、4回、船の周りに群れを呼ぶことが出来たが、今回はチャミングを用意してなかったので、船の周りに群れをとどめておくことが出来なかった。これは次回への課題となった。


シイラのアタリも遠のき、残り1時間となったので、今度は港の近くで、タイラバで根魚釣りとなった。
アコウ、オニカサゴと根魚が釣れるが、船の近くを走る潮目が気になる。
しつこくポッパーをキャストしていたK原くんにシイラがヒット!

このエリアにも十分シイラはいるようで、次回釣行のいい参考になった。
  2015081617.jpg
2015081618.jpg
終わってみると、みんなで12種目達成(シイラはすべてリリース)
秋になると1m50㎝クラスのシイラもでるらしい。まだまだ開拓の余地はあるようだ。
今回の釣行で、遊びの選択肢がまた一つ増えた。いろいろ無理を聞いて頂いた平戸CASTさん、ありがとうございました!