SEABOON 携帯ショッピング

QRコード
携帯電話からもSEABOONのショッピングカートをご利用いただけます。
携帯電話の機種によっては、携帯ショッピングが表示されないことがあります。表示されないお客様は、パソコンショッピングもしくは当店までお問い合わせ下さい。
携帯電話からもSEABOONのショッピングカートをご利用いただけます。
SEABOON 携帯ショッピング

僕たちのヘドンストーリー 7
栗川貴督

dvd028.jpg

NEW
収録時間58分

オールドヘドンの
解説を交えながらの
実釣DVDです。
価格3,800円(税抜き)
カートに入れる
エレキの修理屋さん
バス釣りには必要不可欠なエレキ(エレクトリックモータ)。当店より、"エレキの修理屋さん"へ、メンテナンス、修理の取次ぎ致します。まずは、ご相談下さい
姪浜ドナルド
ヒラマサからシーバスまで、当店がお世話になっている遊漁船です。

オールドタックルとは?

tackle_img.jpg
オールドタックル全般
オールドタックルとは何か!?
オールドタックルコンディション付けに関して
オールドタックルコンディション説明時の用語
 
オールドへドンについて
プロペラ
成型位置
リグ

オールドタックとはなにか!?

オールドタックル、簡単に言ってしまえば、古い釣具のことです。一般的に20年ぐらい経てばオールドタックルと呼ばれることが多いようですが、古ければなんでも良い訳ではありません。中には、単に“古いだけ”の釣具もあります。では、なぜ価値のあるオールドタックルと、単なる中古釣具に分かれるのでしょうか? 簡単に言うと、製造場所、製造方法、資本の変更などが理由に挙げられます。 いくつかのメーカーの歴史を振り返りながら、具体的な例を挙げてみましょう。

HEDDON

まず、オールドルアーの代名詞とも言えるヘドンは、エビスコ インダストリーズという会社(正しくはエブスコ。現在プラドコ と呼んでいるのは、エビスコのアウトドア部門であり、プラドコ =エビスコである。)に買収され、1983、4年には、アメリカ・ミシガン州・ドゥワジャックにあった工場は閉鎖されます。 これにより、先に買収されていたレーベルやコットンコーデル などと同じ工場で製造されるようになったのです。

確かに、1950年代以降、ヘドンは、デイジー、ビクター、 キディーといった会社の資本下で製造されていましたが、 一貫して、工場はドゥワジャックにあり、メイド・イン・USAだったのです。 しかし、他社ルアーと同じ工場で作られるようになったヘドンに、ヘドンとしてのアイデンティティーはあるのでしょうか? 残念ながらそれはもうなくなってしまったとしか思えません。 では、この他のメーカーはどうでしょうか?

ABU

アブの場合は、1979年にアメリカの販売代理店であったガルシアの倒産で、アメリカでの販売経路確保のためガルシアを買収しますが、これが負担となり1980年代半ばから品質が下がってしまい、現在では世界最大の釣具メーカー、ピュア・フィッシングの傘下となっています。さらにこのピュア・フィッシングは近年コールマンと共にジャーデン・コーポレーション傘下となっています。そういう意味では、正式にアブ・ガルシアと社名変更する1982年くらいまでをオールドとして扱うのが適切でしょう。

Fenwick

また、フェンウィックはフェラライトフェルールを開発し、チーフ デザイナーであったジム・グリーン氏在籍の1989年までとすべきでしょう

Fred Arbogast

フレッド・アーボガストは2代目社長の事故死により、やむなくエビスコ傘下となるまでがオールドタックルであり、オールドタックルと成り得るものと言えるでしょう。

 

各社の歴史を辿ると、自ずとどこまでをオールドタックルと呼ぶべきか見えてくるのではないでしょうか。そして、それらオールドタックルと呼ばれるものには、大量生産品でありながらも、作者の意図や各会社の直向さ、クラフトマンシップが感じ取れるのではないでしょうか。 つまり、ここが価値のあるオールドタックルと古いだけの釣具の分かれ目なのです。蛇足かもしれませんが、1984年のヘドンはオールドタックルですが、1985年のヘドンは古いだけの釣具なのです。

このページの先頭へ▲

さて、これらオールドタックルに興味を持ったとき、さまざまなわかりにくい用語が出てくるかと思います。ここでは、それら用語について解説します。

 

コンディション付けに関して
(1) NIB(New In Box:ニューインボックス)...新品箱入り(未開封を指します) (2) NIP(New In Package:ニューインパッケージ)...新品パッケージ入り(未開封を指します) (3) MINT(:ミント)...使用してあるが新品同様
(4) M.IB(Mint In Box)...ミント状態で箱入り(封が開いたものもここに含めます) (5) N.MINT(Near MINT:ニアーミント)...新品同様に近い状態 (6) EX(Excellent:エクセレント)...使用していてキズが少ないもの
(7) VG(Very Good:ベリーグッド)...キズ、ハガレのあるもの (8) G(Good:グッド)...キズ、ハガレの多いもの (9) P(Poor:プアー)...リペイント、リグの欠損、リールならパーツ取りにしかならないもの

上記(6)~(8)は+・-を付け更に各3段階に分かれます。
例)EX+、EX、EX-
(1)、(2)は同等、(3)、(4)は本体については同等です。
未使用であっても、場合によっては、(3)~(9)に該当する場合があります。
ただし、これらはコンディション付けをする人の主観です。

このページの先頭へ▲

コンディション説明時の用語

↑全体にエイジクラックがあります。


↑フックによるキズが入っています

エイジクラック フックサークル

主にウッドルアーで見られる独特の塗装のはがれ方。ウッドの吸湿、乾燥でボディーの膨張、収縮を繰り返した際に現れるスジ状の塗装のヒビ。

フックによる塗装のはがれ。リグを中心とした円状に入るキズのことを指します。


 


↑若干ブリスターが見られます。

クモの巣 ブリスター

主に80年代初めのヘドンスプークに見られるクモの巣状のコーティングのヒビ。

本体と塗膜の間に水分が入り斑点状の塗装の浮きが見られる現象。


↑塗膜のハガレがあります。

 

 

チップ(チッピング)  

擦れた感じではなく、衝撃などで塗装が剥がれた様子。塗膜1、2枚のハガレの場合と、ボディーまで達している場合とがある。

 

このページの先頭へ▲

ヘドンのプラスチックルアーの歴史は長く、製造期間中に、パーツ、塗り方、成型位置などが変更されています。それらは、それぞれ通称で呼ばれており、製造年代判定の重要な要素になっています。

プロペラ




: 通称ボスペラ、主にウンデッドスプークのリアペラに付いています。1930年代から1960年代終わりまで使われていました。
:通称チョクペラ、1969年代以降のマグナムトピード、ウンデッドスプークに付いています。
1969年のファーストモデルのマグナムトピードはペラの中心に若干の盛り上がりがあるものが使われています。(②)
:通称ヒネリペラ(カリペラ)、1980年代初めのマグナムトピード、ウンデッドスプーク、ウンデッドザラなどに付いています。

このページの先頭へ▲

多くのヘドンスプークは1970年までは、瞳(黒目)の部分を筆で書く「書き目」と呼ばれる塗り方(左)ですが、1971年以降1984年までは、瞳もエアーブラシで塗る「吹き目」と呼ばれる塗り方(右)に変更されています。

このページの先頭へ▲

成型位置
クビワレ
前後のボディーをクビの部分で接着しています。
タテワレ
左右対称のボディーを中心部分で接着しています。

このページの先頭へ▲

リグ


サーフェスリグ カップリグ(スクリューリグ)

1940年代後期から現在(エビスコ社製)まで続くリグ。多くのヘドンスプークに使われています。

マグナムトピードなど一部のルアーに使われたリグ。マグナムトピードでは1980年代初めだけ使われていました。ウッド時代のカップリグと区別するため、スクリューリグと呼ばれることがあります。


 


プレートリグ 2ピースリグ

2ndザラ、ビッグヘッド、ヘッドプラグなどに使われたリグ。ソルトウォーターや、引きの強い魚に対してのリグと言われています。

1936年代から1940年代終わりまで使われたリグ。ヘドンスプークでは初期のものにしか使われていません。

このページの先頭へ▲

お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら